リウマチ専門医の不足が関節炎ケアを脅かす

疾病管理予防センター (CDC) は、5,400万人以上のアメリカ人が米国で医師に診断されたリウマチ性疾患に悩んでいると推定しています。
正式に診断されていない関節痛を持つ人々を加えると、その数は9,100万人、つまりアメリカ人の3人に1人近くになります。

リウマチ性疾患には、100種類以上の自己免疫疾患、炎症性疾患、変性疾患が含まれています。
これらの慢性的かつ時には身体を衰弱に至らしめる疾患により、人の生活習慣に悪影響を与えるさまざまな全身症状が発生する可能性があります。
関節炎は、米国内における障害の主要な原因の1つです。

高い費用もまた、リウマチ疾患の現状と深く関連しています。
連邦政府の見積もりは関節炎治療の費用全体で3040億ドルであり、そのうち1,640億ドルは賃金の損失に起因しており、1,400億ドルは医療費に起因しています。

リウマチ状態の早期かつ積極的な治療が、より少ないレントゲン上の損傷、より遅い進行率、及びより低い障害率につながるという説得力のある証拠があります。
進行が遅くなるということは、活動制限が少なくなるということでもあり、その結果、患者は生活の質を向上させるチャンス得ます。

ほとんどの人は、この絶好のチャンスは症状発症の最初の12週間以内であると信じていますが、一部の人は、損傷がレントゲン写真(特に関節リウマチ)で見られる前の任意の期間であると言います。

絶好のチャンスは主に関節リウマチで研究されてきましたが、おそらく脊椎関節炎、全身性若年性特発性関節炎、および他の状態にも存在します。

残念ながら、多くの要因が、リウマチ性疾患の診断と治療の遅れの原因となっています。
ある研究によると、患者が一般開業医(GP)に症状を訴えてからリウマチ専門医に紹介されるまでの治療遅れ時間の中央値は約6.9週間で、GPの訪問回数は4回であることがわかりました。
American College of Rheumatology (ACR)とそのSimple Tasksの啓蒙キャンペーンによる新しい全国患者調査では、60%以上の患者が紹介後もリウマチ科の初診予約を取るまでに30日以上の待ち時間を経験しており、27%以上の患者が61日以上待たなければならなかったことが分かっています。

リウマチ専門医の人員不足

この遅れは、リウマチ科という専門分野の労働力不足が原因である可能性があります。
前述の通り、9,100万人のアメリカ人がリウマチ性疾患を抱えて生活している可能性がありますが、現在、米国で診療を行っているフルタイムの成人リウマチ専門医は5,595人に過ぎません。
2030年までには、4,729人の成人リウマチ専門医では手が回らなくなると予測されています。

医療提供を維持し拡大するためには、医療従事者を支援することが極めて重要です。
米国ではリウマチ専門医の所在地に偏りがあるため、医療提供の不足分はおそらく、十分な治療を受けていない地域や農村部の患者に最も大きな影響を与えると想定されます。
さらに、この所在地の偏りは今後15年間で増加すると予想されます。

小児リウマチ専門医の不足はさらに深刻です。
米国には理事会認定の小児リウマチ専門医が400人しかおらず、9つの州には1人もいません。
関節炎財団によると、関節炎を持つ4人に1人の子供だけが小児リウマチ専門医に会うことができます。

治療の遅れ

リウマチ専門医による治療を確立した後でも、患者は、事前承認や段階的治療などの医療提供者の利用管理手法のために、治療の遅れを味わうことが多いです。
これらは治療の遅れにつながるだけでなく、患者の健康と転帰にも悪影響を及ぼします。
ACRの患者調査によると、ほぼ半数の患者が過去1年間に段階的治療や事前承認を受けたそうです。

米国医師会の医師調査では、91%の医師が事前承認が患者ケアの遅延を引き起こしたと報告され、さらに74%の医師が「事前承認が治療の放棄につながることもある」と回答しています。
事前承認は患者だけでなく、医療提供者にも影響を与えます。86%以上の医師が、事前承認の負担が大きいと回答しており、大多数の医師が過去5年間で負担が増加していると回答しています。

私は個人的に自分の診療所で事前承認の影響を体験したことがあります。
このプロセスは煩雑で非効率的であり、透明性や自動化が欠如しているため、多くのフラストレーションがたまり、一度に何週間もかかってしまうこともあります。

段階的治療は、患者が医師からの処方箋以外のオプションを利用できるようになる前に、患者に処方箋上のオプションを諦めさせることを要求する支払者の利用管理手法です。
このプロセスは、薬の副作用など、他の不必要な負担を患者にも負わせることがわかっています。
関節炎財団は、保険者が選んだ薬が効果がなかったために39%の症例で段階的治療が中止され、20%の症例では症状が悪化したために中止されたということを明らかにしました。


特にアメリカ人のリウマチ性疾患患者にとって、絶好のタイミングで治療を受けることにより潜在的に良い影響を受けるのは、最も重要なことです。
そのためには、労働力不足を逆転させ、リウマチ専門医が推奨する薬の提供することに焦点を当てる必要があります。


この記事は、Medscapeに掲載された「Rheumatologist Shortage Threatens Arthritis Care」を翻訳した内容です。

  • Lorens Moore

    2021年03月03日 15:47

    <a href="https://www.dosepharmacy.com/naprosyn-500mg-tablet">Naprosyn 500 mg</a> is prescribed medication uses to treat the manifestations of pain or aggravation brought about by arthritis, ankylosing spondylitis, tendinitis, bursitis, gout, or feminine issues. Naprosyn might be utilized alone or with different drugs.

コメントを書くにはが必要です。

カテゴリー

タグ

不安が解消できない場合には、
実際の医師に直接相談できる、
オンライン相談サービス、
「anamne(アナムネ)」
をご利用下さい。