ヘルペスはどこで相談?失敗しない病院の選び方

ヘルペスとは

ヘルペスとは単純ヘルペスウイルス( Human simplex virus; HSV)というウイルスに感染することで起こる病気で、皮膚や粘膜に小さい水ぶくれ(水疱)ができるのが特徴的です。

ヘルペスの原因

ヘルペスの原因である単純ヘルペスウイルスHSVは、HSV-1とHSV-2の2種類に分類されます。
HSV-1は主に口周りの水疱ができる口唇ヘルペスを起こし、口から口への接触感染を起こします。性器の周りにできる性器ヘルペスの原因にもなります。
HSV-2は口唇ヘルペスを起こすことは少なく、主に下半身の水疱、特に性器ヘルペスを繰り返し起こします。

主なヘルペスの症状

ヘルペスウイルスは体のどこにでも感染します。
場所によってヘルペス性歯肉口内炎、口唇ヘルペス、顔面ヘルペス、角膜ヘルペス、性器ヘルペス、ヘルペス性ひょう疽(手指に感染したもの)、殿部ヘルペス、ヘルペス性脳炎と呼ばれます。
中でも口唇ヘルペス、性器ヘルペスが起こりやすいとされています。

ヘルペスの症状は単純疱疹で、皮膚や粘膜の小さな水疱やただれを起こします。
疱疹の周りは痒みや焼けるような痛みを伴います。再発することもあり、皮膚の水疱、潰瘍が出る前に口の周りの疼きや痒み、焼けるような痛みがでることがあります。

性器ヘルペスは症状は軽いことが多いですが、水疱や潰瘍を作ることもあり、HSV-2による性器ヘルペスは再発しやすいとされています。
皮膚の症状がでる前に足、腰、お尻に軽くうずくような痛みがでることがあります。

ヘルペスの病院を受診するタイミング

ヘルペスの症状は、体内でヘルペスウイルスが増殖することで出てきます。

治療はウイルスが増殖しないように抑える薬(抗ウイルス薬)が中心のため、ウイルスが増殖しきってしまう前に治療を開始するのが大切です。
皮膚症状がでる前の口周りや性器近くの痛み、ピリピリ感などの症状が出てからすぐに(できれば6時間以内)抗ウイルス薬を飲むことで、ウイルス増殖による症状の悪化を抑えられることがわかっています[3]。

ヘルペスの症状で病院を受診する場合には、皮膚症状が出る前に早めに病院を受診しましょう。

ヘルペスの検査

症状の経過や皮疹の状態から見た目だけで診断がつくことが多いヘルペスですが、皮疹の滲出液を取ってウイルスを分離する方法やウイルスの抗原や核酸を検出する検査をすることがあります。
抗体検査を行うことで、HSV-1かHSV-2かを確認することもできます。

ヘルペスの種類

ヘルペスというと通常は口唇ヘルペス、性器ヘルペスを起こす単純ヘルペス、単純疱疹のことを指しますが、帯状疱疹もヘルペスと呼ぶことがあります。

単純ヘルペスウイルス(HSV)

 口唇ヘルペス、性器ヘルペスを起こすウイルスでHSV-1とHSV-2の2種類があります。

水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)

 単純ヘルペスと同じヘルペスウイルス科に属するウイルスです。
初感染では水ぼうそうを起こし、再発時に帯状疱疹を起こします。
ウイルスが神経節の中に潜伏するため、再発時には水疱やただれ、潰瘍が神経に沿って帯状にでるのが特徴的です。

ヘルペスを治療できる病院の種類

ヘルペスは通常は皮膚科のクリニックで治療が可能です。
また、再発を繰り返す場合で年間3回以上の頻度で再発する、腎機能障害などがなく自己判断で正しく判断と服薬が可能なことなどの項目を満たせば、事前に再発時の処方を受け取っておくことも可能です。

その場合には、ごく初期の症状がでてきた時に病院受診の必要がなく、すぐに飲み薬で治療を開始することができます。

ただし、目の周りや目の症状がある場合には眼科の受診であることもあります。
また性器ヘルペスは婦人科、泌尿器科でも診断・治療を行うことができます。

ヘルペスの病院選びの際に重視する点

ポイント

ヘルペスの病院選びの際のポイントを見ていきましょう。

病院の治療方針

ヘルペスの治療は病院ごとに大きく変化することは通常はないですが、ヘルペスの診断に慣れているクリニックが望ましいので、皮膚科を標簿している病院がおすすめです。

費用・料金体系

ヘルペスは保険診療で治療することができます。その場合は3割負担で治療可能です。治療費に加え、初診料や再診療、検査を行った場合には別途費用がかかります。

医師との相性

ヘルペスは再発することもあり、病院に何度も受診しなくてはいけないことがあります。その場合はやはり医師との相性は重要です。
症状や皮膚の状態、薬のことなどを質問しやすい病院が理想的です。

また、外来では時間が限られていることもあるので、薬などについてはリーフレットで説明することもありますので、ご活用ください。

通院のしやすさ

ヘルペスの治療を行う場合は、できるだけ早く治療を開始することが大切です。
病院が近いなどのアクセスの良さは大切ですね。  

病院の口コミ・評判

口コミや評判は必ずしも正しいわけではありません。
医師との相性や通いやすさなど、ご本人がご評価するのが良いでしょう。

プライバシーの配慮

ヘルペス感染の一部は性感染症で、口から口の感染や性行為をきっかけに感染することがあります。
その場合、他の性感染症との合併感染などを考える必要があり、プライバシーの保護への配慮は気になる点かと思います。
通常病院ではプライバシーへ配慮されており、個人情報も保護されています。

ただし、病院ごとに決まったルールがあるため、実際にご本人に合うかどうかはチェックが必要です。

 

ヘルペスの病院選びのためのチェックリスト

チェックリスト

ヘルペスを治療するための病院選びには、次のことをチェックしましょう。
・皮膚科を標簿している
・相談しやすい医師、スタッフがいる
・再発の時の説明がある(早めの受診が必要で、要件を満たせば再発予防薬を事前に処方することができるなどの情報提供をしてくれる)
・通いやすい
・プライバシーの保護

ヘルペスの受診タイミングと病院選びのポイントを解説しました。
ヘルペスの再発時には早期治療が大切です。早めに病院でご相談しましょう。

新井久美子 救急専門医、産業医
10年ほど、救急の最前線の医療を経験。また、近年需要も増えているオンラインでの喫煙相談(テレビ電話)、多数の内科、救急、皮膚科疾患などの医療相談経験もあり。 2021年産業医資格を取得し、今後新たに産業医活動を開始する予定

<参考文献>
1)日本皮膚科学会 ヘルペスと帯状疱疹 https://www.dermatol.or.jp/qa/qa5/q01.html
2)厚生労働省検疫所 単純ヘルペス、性器ヘルペス(ファクトシート)https://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2016/01131321.html
3)国立感染症研究所 水痘とはhttps://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/418-varicella-intro.html
4)PMDA ファムビル錠250mg. 

    コメントを書くにはが必要です。

    カテゴリー

    タグ

    不安が解消できない場合には、
    実際の医師に直接相談できる、
    オンライン相談サービス、
    「anamne(アナムネ)」
    をご利用下さい。