激しい肉体労働は認知症リスクを高める可能性がある?

かつて過酷な肉体労働を伴う仕事に就いていた男性の認知症発症率は、座り仕事をしていた人に比べてほぼ1.5倍になることが研究で明らかになりました。

認知症は記憶力、思考力、行動力、日常生活の能力に影響を与えます。

世界保健機関(WHO)によると、世界では約5,000万人が認知症を発症しており、2050年までにはその数が3倍になると推定されています。

運動やサイクリング、ジョギング、競技スポーツなど、余暇の時間に身体を動かすことが、後年の認知症を予防する可能性があるというエビデンスもあります。

しかし、最新の研究では、建設作業や家屋の撤去などのハードな肉体労働は逆効果であることが示唆されています。

その説明は、2種類の身体活動の異なる生理的効果にあるかもしれません。

デンマークのコペンハーゲン大学が率いる科学者たちによると、肉体的に要求の厳しい仕事には、長時間の立ち仕事、「静止した」姿勢の維持、重いものを持ち上げること、反復的な作業や物理的に厄介な状態での作業などが含まれることが多いといいます。

この種の仕事は、重い荷物を動かしたり、電動工具を使ったりと、ほぼ継続的な労働を伴うことが多く、身体を回復させるための時間が十分ではありません。

対照的に、余暇の間の運動は、強度は高いが持続時間が短く、回復時間が十分にあることが多いです。
また、スカッシュやバスケットボールなどの競技スポーツのように、より「ダイナミックな」姿勢をとる傾向があります。

 

心血管フィットネス

レクリエーション運動が心血管フィットネスを向上させ、体の周りの炎症を抑えるという十分な証拠がある、と科学者たちは述べています。
脳への血流を改善し、神経の成長を促進し、海馬という記憶がコード化されている脳の領域を保存することで、認知症を食い止められるかもしれません。

一方、持続的で反復的な肉体労働は、心血管系の体力を低下させ、炎症を増加させる可能性があります。これまでの研究では、肉体労働の多さと心血管疾患や死亡率のリスクの高さとの間に関連性があることが明らかになっています。

肉体労働が多い人の場合、心血管機能の低下が認知症を発症する可能性を高める可能性もあります。

「これは他の研究が証明しようとしたものですが、私たちが最初に2つのことを説得力を持って結び付けた」とデンマークの国立労働環境研究センターおよびBispebjergと共同で研究を主導したコペンハーゲンのフレデリックスベア病院勤務のKirstenNabe -Nielsenは述べています。

「認知症予防のための公衆衛生上のアドバイスとして、WHOなどの機関は、異なるタイプを区別することなく身体活動を推奨している」とNabe-Nielsen氏は言う。

「しかし、私たちの研究では、ハードな運動はそうではなく、身体活動の『良い』形でなければならないことを示唆しています」と彼女は述べています。"したがって、保健当局からのガイドは、空き時間の身体活動と仕事での身体活動を区別する必要があります。" 2つの形態の身体活動は反対の効果を持っていると確証を持つ理由があります。

この研究は『Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports』誌に掲載されています。
 

コペンハーゲン男性研究

分析のために、科学者たちはコペンハーゲン男性調査のデータを用いました。
これは1970年から71年にかけて行われた縦断的な研究で、14の大規模な公共・民間企業の男性従業員を対象に、仕事やライフスタイルについてのアンケートに答えてもらいました。

参加者は調査開始時の年齢が40~59歳でした。60歳になった時点から2016年まで、合計4,721人の男性をそれぞれ追跡調査しました。

研究者たちは、国の登録簿を用いて、研究の過程で参加者の中から合計697人の認知症患者を特定しました。

分析には、年齢、社会経済的地位、配偶者の有無、心理的ストレスなど、認知症のリスクに寄与する可能性のある様々な要因を考慮しました。また、喫煙の有無、飲酒量、肥満度、血圧なども調整しました。

これらの要因を考慮した後でも、研究終了時には、肉体労働が多いと答えた参加者は、座り仕事をしていると答えた人に比べて、認知症になる率が1.5倍近くになっていました。
 

強みと弱み

著者らは、この研究の強みの一つとして、非常に長い追跡調査期間に注目しています。
認知症に伴う病理学的変化は、症状が顕在化する数十年前から始まる可能性があるため、これは重要です。

また、いくつかの限界も指摘されています。特に、仕事での身体活動量はある時点でしか報告されていないため、研究の前や研究期間中の職業の変化を考慮することができませんでした。

さらに、彼らの分析は死亡診断書に記載された認知症の診断に依存しています。
彼らは、今日でもデンマークの登録では認知症の報告が大幅に過少していると述べています。

このように認知症を過小報告する傾向があるため、ある研究グループで認知症が他の研究グループよりも発生しやすい場合、結果に偏りが生じている可能性があります。

また、女性の参加者が少ないことも大きな限界です。肉体労働やレクリエーション運動は、男女に等しく影響を与えない可能性があります。


この記事は、MEDICAL NEWS TODAYに掲載された「Could hard physical labor increase dementia risk?」を翻訳した内容です。

カテゴリー

タグ