一般的な食品添加物は免疫系に悪影響を与えるか?

最近の研究では、化学的な食品添加物や食品接触物質が免疫系に有害な影響を及ぼすことが示唆されています。
この研究では、実験室での毒物検査(ToxCast)の結果と、過去の動物実験や疫学的なTrusted Sourcestudiesのデータを比較しました。

ToxCastの結果と利用可能な動物実験データから、一般的な食品保存料であるtert-Butylhydroquinone(TBHQ)が免疫系機能に悪影響を及ぼす可能性があることが確認されました。

この研究は、免疫系の毒性を評価し、国民の安全を守るためには、化学的な食品添加物や食品接触物質について、最新の研究と食品医薬品局(FDA)による徹底的な見直しが必要であることを裏付けています。

一般的に、多くの化学物質は免疫系に悪影響を及ぼし、機能不全を引き起こす可能性があります。
これは免疫毒性として知られている信頼できる情報源です。
これらの有害な影響は一時的なものから永続的なものまで様々です。

考えられる免疫毒性作用には以下のものがあります。

  • 過敏症
  • 慢性炎症
  • 免疫抑制、すなわち感染症に対する身体の防御能力の低下
  • 免疫刺激(免疫反応により組織に損傷を与える)
  • 自己免疫疾患

特に、免疫毒性物質によって体内の抗体産生量が減少すると、活発な感染症との戦いや将来の感染症に対する防御に影響を及ぼす可能性があります。

現在、FDAは食品添加物の免疫毒性試験を義務付けていますが、ほとんどの食品添加物は数十年前に承認されたものであり、FDAは以前に承認された添加物の最新の試験を義務付けていません。

TBHQとPFAS

TBHQは、メーカーが製品の保存期間を延ばすために使用する一般的な防腐剤です。

Environmental Working Group(EWG)によると、TBHQは、Cheez-Itクラッカー、Pop-Tarts、Reese's Peanut Butter Cups、Little Debie Swiss Rollsなど、約1,250種類の加工食品に含まれています。

しかし、この化学物質は、動物実験では免疫毒性があるとされています。

また、包装材や食品加工機器から化学物質が食品に溶出することもあります。
袋、箱、食品包装材の中には、パーフルオロアルキル物質(PFAS)でコーティングされているものがあります。

PFASベースの物質は、調理器具のノンスティック・コーティング、食品加工機器のガスケット、繰り返し使用するプラスチックにもよく見られます。

FDATrusted Sourceは、日常的な曝露量が多い食品接触物質についてのみ、免疫毒性試験を要求します。
多くの食品添加物や食品接触物質の免疫毒性についてはほとんど知られていません。

環境保護庁(EPA)は、そのToxCastプログラムにおいてハイスループットのインビトロ試験を行っています。
この種の試験では、生きた細胞、タンパク質、生体分子を実験室環境で化学物質に曝し、潜在的な毒性影響を評価・特定します。
これにより、動物実験の必要性が低くなる可能性があります。

免疫毒性に関するデータが少ないことから、EWGの研究者は、一般的な食品添加物や食品接触物質の免疫毒性を評価する研究を行いました。
また、免疫毒性のスクリーニングにおけるToxCastのデータの有用性についても分析しました。

本研究の筆頭著者であるEWGの科学調査担当副会長、オルガ・ナイデンコ博士は、本研究の緊急性を主張しています。

「パンデミックの発生により、免疫系に影響を与える環境要因に社会や科学者の関心が集まった。
パンデミック以前は、感染症やがんに対する免疫システムの防御機能を損なう可能性のある化学物質は、公衆衛生機関から十分な注意を払われていなかった。国民の健康を守るためには、この状況を変えなければならない」と述べています。

研究者らは、2018年から2020年に米国で販売された10種類以上の製品ラベルに存在する、合計63種類の食品添加物を分析しました。また、食品包装から食品に移行する9つの同定されたPFASを具体的に分析しました。

この研究結果は現在、International Journal of Environmental Research and Public Healthに掲載されています。

本研究では、これらの物質のうち、ToxCastのアクティブなアッセイ数が最も多い物質を中心に分析しました。
さらに、複数の免疫関連標的や、免疫反応、炎症、防御機構に関わるタンパク質に対する活性を持つ物質に焦点を当てて分析を行いました。

本研究では、ハイスループットのToxCastデータの結果を、動物実験や疫学研究から得られたデータと比較しました。

免疫反応の変化

ToxCast試験と免疫学的実験動物試験の両方から得られた強いデータは、TBHQが免疫機能の変化を引き起こす可能性を示しています。

しかし、ToxCastによるスクリーニングでは、既存のデータとは必ずしも一致しないデータが得られました。
ToxCastのデータが過去のデータと矛盾したり、過去のデータでは発見されなかったリスクを示したりするケースがありました。

食品着色料であるFD&C Red 3とPFASであるパーフルオロウンデカン酸(PFUnDA)とパーフルオロオクタン酸(PFOA)の3つの異なる状況が発生しました。

この研究では、ToxCastのデータから、FD&C Red 3が複数の免疫パラメータに影響を与えていることが示されましたが、研究者は、この食品着色料の免疫毒性に関する動物実験や疫学研究に対して言及できませんでした。

PFUnDAが複数の免疫パラメータに影響を与え、免疫抑制リスクを増加させることがToxCast、実験動物、ヒトの試験データで示されました。

しかし、ToxCastのデータでは、PFOAの免疫標的に対する強い活性は示されませんでしたが、動物実験とヒト実験では免疫抑制作用が示されました。

調査結果に一貫性がないのは、PFASの毒性の正確なメカニズムが理解されていないためとしています。
また、免疫毒性の潜在的なメカニズムを完全に把握するには、現在利用可能なハイスループット試験の限界も影響していると考えられます。

研究者たちは、ToxCastと研究データの両方を踏まえて、THBQやPFASなど食品に間接的または直接的に添加された化学物質が免疫系の機能に悪影響を及ぼす可能性があると結論づけています。

EWGは、FDAが国民の健康と福祉を守るために、有害な化学物質を特定するための最新の免疫毒性試験を優先的に行い、標準的な安全性評価に組み込むべきだと強調しています。

また、EWGの政府担当上級副社長であるスコット・フェイバーは、「食品メーカーには、配合を変更するインセンティブがない。FDAは、どの成分が安全なのかを食品業界や化学業界に判断させることが多すぎる。」と述べています。

また、「私たちの調査により、FDAがこれらの成分をもう一度見直し、すべての食品化学物質の安全性を検査することがいかに重要であるかを示している」とも述べています。


この記事は、MEDICAL NEWS TODAYに掲載された「Can a common food preservative harm the immune system?」を翻訳した内容です。

    コメントを書くにはが必要です。

    カテゴリー

    タグ