オキシトシン受容体はインスタグラムの活動に影響を与えるか?

新しい研究では、オキシトシン受容体を生成する遺伝子の特定の変異体を持つ参加者は、Instagramでより多くの人をフォローする傾向がありました。

この研究は、学術誌「Heliyon」に掲載されています。
今回の研究は人の社交性、特にオンラインでの社交性に影響を与える遺伝的要因と環境的要因との関係をより深く理解するため、今後の調査の基礎となるものです。

オキシトシン

オキシトシンは、生殖に関わるホルモンで、行動にも影響を与えます。

内分泌学会によると、オキシトシンは化学的なメッセンジャーとして働き、性的興奮、認識、信頼、ロマンチックな愛着、母子の絆など、多くの人間の行動に重要な役割を果たしています。

研究者たちは、オキシトシンが哺乳類の社会性のあり方に重要な役割を果たしていると主張しています。
しかし、オキシトシンは向社会的行動を促進するが、その役割は状況によって異なります。

Psychoneuroendocrinology誌に掲載された総説では、安全な環境ではオキシトシンが向社会的行動を促進し、安全でない環境ではオキシトシンが反社会的行動を促進する可能性があることが強調されました。
オキシトシン受容体をコードする遺伝子(OXTR)の変異も、オキシトシンがどのような行動に出るか影響を与える可能性を示唆しています。

古い研究では、OXTR遺伝子の1つの変異が、一部の乳児の愛着保障と関連していることがわかりました。
また別の研究では、OXTR遺伝子の変異体(多型)とオキシトシンの循環系への放出に関与する、別の遺伝子とも関連性があることがわかりました。

これらは、「親と子の視線の同期時間の長さ」と「子に対する接触の多さ」に関連していました。
非常に多くの疑問が残っていますが、研究結果では、摂食障害、うつ病、神経発達障害など、いくつかの疾患にOXTR多型が関係しているとも言われています。

instagramの社交性

今回の研究では、OXTR多型と成人の愛着、およびオンラインでの社交行動との関係を調べました。
ここでいう「愛着」とは、親密な関係における個人の感情や行動のことを指します。例えば、拒絶されることへの恐れや親密さへの欲求などが含まれます。

以前の研究では、特定のOXTR多型が、社会的ストレスに対する感受性や、悩んだときに支援を求める可能性の増加と関連することが示されていました。
今回の研究では、さらに一歩踏み込んだ研究が行われています。

著者らは、OXTR多型と愛着がネット上の行動にどのように影響するかを理解したいと考えていました。
本研究の責任著者であるGianluca Esposito博士は、Medical News Todayの取材に対し、「InstagramなどのSNSが私たちの日常生活において極めて重要な役割を果たしていることを考慮し、オンラインでの社会的相互作用を支配するメカニズムを探るため、学際的な研究を行いました」と述べています。

エスポジート博士は、イタリアのトレント大学とシンガポールの南洋理工大学の心理学・認知科学部に所属しています。
調査のため、Esposito博士らは小規模な予備調査を計画しました。

彼らは、南洋理工大学に在籍する57人の学生を募集しました。
参加者は30歳以下で、神経疾患、精神疾患、遺伝性疾患の既往歴はありません。
重要なのは、全員がInstagramのアカウントを持っていたことです。

研究者たちは参加者のDNAを分析するために、それぞれの頬の内側から綿棒を採取しました。
また、親密な関係にある人への愛着スタイルを調査するために、アンケートに答えてもらいました。

例えば、親密さや親密さについてどのように感じているか、自分の関係や相手が自分のことをどう思っているかについて心配しているかなどを質問しました。

最後に、研究者はソフトウェアを使って、各参加者のInstagramアカウントを分析しました。
このソフトウェアは、投稿数、参加者がフォローした人の数、自分をフォローしている人(フォロワー)の数をカウントしました。

研究者たちは、各参加者のOXTR多型と愛着スタイルとの相互作用が、Instagramでの投稿数と、自分をフォローしている人とフォロワーの比率に影響を与えるという仮説を立てました。

遺伝的要因

研究者らは、オキシトシン受容体遺伝子OXTRの一塩基多型バリアントrs53576とAA遺伝子型を持つ参加者は、Gアレルを持つ参加者と比較して、より多くの人をInstagramでフォローしていることを発見しました。
これは、参加者の愛着スタイルにかかわらず同様でした。

ただし、OXTR多型と愛着スタイルとの間に明確な関係は見られず、遺伝子変異、愛着スタイル、Instagramの社交性の間には関連性が見られませんでした。
MNTの取材に対し、エスポジート博士は、「本研究により、Instagramの行動、遺伝的素因、親密な関係で経験する不安や回避の間に、潜在的な関連性があることが明らかになった」と述べています。

「例えば、ある人がInstagramでフォローしているアカウントの数は、オキシトシン受容体遺伝子の特定の部分におけるユーザーの遺伝子型と関連している可能性があります。」

「今回の結果は、ソーシャルメディアプラットフォーム上での人間の行動を検証する際に、環境と遺伝子の要素が大きく寄与していることを証明しています。」

制限事項

本研究はあくまでも予備的な調査であるため、いくつかの限界があります。
もちろん、同じ大学からの参加者が少ないことや、女性41名、男性16名という男女比の偏りは大きな欠点です。

また著者は、1つのソーシャルメディア・プラットフォームでの活動を測定することは、利用可能な幅広いプラットフォームを無視することになると指摘しています。

さらに、愛着度を自己申告するためにアンケートを使用すると、バイアスがかかる可能性があります。不誠実な回答をする人もいれば、記憶違いや感情の解釈違いをする人もいるかもしれません。

Esposito博士が言うように、「今回の結果は、遺伝的関連性研究のパノラマの中で、十分な注意を払って解釈すべきです。
これは現象の小さな初期調査であり、異なる国で、またより大きなサンプルで追跡調査を行う必要があります。


この記事は、EDICAL NEWS TODAYに掲載された「Instagram and oxytocin receptors: Study looks for links」を翻訳した内容です。

    コメントを書くにはが必要です。

    カテゴリー

    タグ

    不安が解消できない場合には、
    実際の医師に直接相談できる、
    オンライン相談サービス、
    「anamne(アナムネ)」
    をご利用下さい。