コーヒーを飲むとパーキンソン病から身を守れる可能性がある

コーヒーを飲むとパーキンソン病から身を守る人もいるかもしれません。

最近の研究では、パーキンソン病患者の血中カフェイン濃度が低いことがわかりました。

この研究では、パーキンソン病のリスクを高めることが知られている特定の遺伝子変異を持っているパーキンソン病の人と、同じ変異を持っているが病気を持っていない人を比較しました。

パーキンソン病は進行性の脳疾患で、震え、手足や体幹の硬直、運動やバランスの問題が特徴です。この病気の人は、うつ病や認知症のリスクも高くなります。

米国国立医学図書館によると、北米では100万人以上、世界では400万人以上がパーキンソン病を患っています。米国では毎年約6万人が診断を受けています。

パーキンソン病患者の約15%がパーキンソン病の家族歴を持っており、これはパーキンソン病を発症するリスクを高める遺伝子を受け継いでいることを示唆しています。しかし、ほとんどのケースでは、遺伝的要因と環境的要因が複雑に絡み合っているため、十分に理解されていません。

頭部外傷、化学物質、薬物などのいくつかの環境因子はリスクの増加と関連していますが、運動はリスクの減少と関連しています。

2010年に行われた先行研究では、カフェインの摂取量が多いほどパーキンソン病発症のリスクが低いことが明らかになりました。

別の研究では、パーキンソン病の遺伝的危険因子を持たない人の血中カフェイン濃度は、パーキンソン病を発症していない人よりも低いことが示されています。

マサチューセッツ州ボストンのマサチューセッツ総合病院の研究者が率いるチームは、コーヒーがLRRK2遺伝子の変異を持つ人々を守る可能性があるかどうかを調査することに着手しました。この遺伝子を持つことは、病気を発症するリスクを高めるますが、それを保証するものではありません。

研究者たちは、パーキンソン病の人とそうでない人を比較しました。どちらのグループにも、LRRK2遺伝子に変異がある人とない人が含まれていました。

研究者たちは、パーキンソン病の人とそうでない人の間の血中カフェイン濃度の違いはより大きいことを発見しました。

研究を主導したグレース・クロッティ博士は述べています。

「これらの結果は有望であり、この遺伝子を持つ人がパーキンソン病を発症する可能性を減らすために、カフェインやカフェイン関連の治療法を探求する将来の研究を奨励しています。
また、カフェインレベルが比較的安定していると仮定して、血中のカフェインレベルは、この遺伝子を持つ人がどのような病気を発症するかを特定するためのバイオマーカーとして使用できる可能性があります。」

著者らは、ジャーナル「Neurology」で研究を発表しました。

 

<h2>コーヒーに関連する5つの化学物質</h2>

科学者たちは、マイケル・J・フォックス財団(Michael J. Fox Foundation for Parkinson's Research)が2009年に設立した研究プロジェクト「LRRK2コホートコンソーシアム」に登録した368人の血漿サンプルを分析しました。

1つのグループには188人のパーキンソン病患者が、対照グループには180人のパーキンソン病患者が参加しました。各グループのほぼ同じ割合で、LRRK2遺伝子に変異を持っていました。

研究者らは、2つのグループの血漿の化学物質のプロファイルを比較したところ、5つの特定の化学物質のレベルが最も異なっていることがわかりました。

パーキンソン病患者では、パーキンソン病に罹患していない患者に比べて、5つの化学物質の濃度が有意に低かったです。
LRRK2遺伝子を変異させていないパーキンソン病患者の血漿中のカフェイン濃度は、パーキンソン病を発症していない患者に比べて平均で31%低めでした。

カフェイン濃度は、パーキンソン病患者とLRRK2遺伝子変異者では、対照グループと比較して76%低かったです。

研究者らは、研究結果を照合するために、参加者のうち212人が記入したカフェイン摂取量の詳細についてのアンケート調査も行いました。

その結果、パーキンソン病と変異したLRRK2遺伝子を持つ人は、変異遺伝子を持っているかどうかにかかわらず、パーキンソン病を持たない人よりも1日あたりのカフェイン消費量が41%少ないことが明らかになりました。

 

<h2>代替的な説明</h2>

研究者は、カフェインとパーキンソン病との関連性を示した研究を慎重に指摘しています。それは、カフェインの消費が病気から人々を保護することを証明していませんでした。

例えば、LRRK2遺伝子に変異があると、パーキンソン病のリスクが高まるだけでなく、カフェイン入りの飲み物を消費しにくくなる可能性が残っています。

パーキンソン病の素因がある人がコーヒーを飲まない傾向があるのか、それとも突然変異のキャリアの中にはコーヒーをたくさん飲み、その神経保護効果の恩恵を受けている人がいるのかはまだ分かっていません。

さらに、Crottyは、この研究はある時点で人々を対象としていたため、保護効果がいつ発生するか、カフェインが病気の進行にどのように影響するかについては何も述べていません。


この記事は、MEDICAL NEWS TODAYに掲載された「Drinking coffee may protect some people against Parkinson’s」を翻訳した内容です。

カテゴリー

タグ