マスクを日常的に付ける今、肌荒れやニキビで受診する方が増えている⁉【医師にインタビュー】

【目次】

肌荒れにはどんなものが?
マスクをすると肌荒れやニキビは増すのでしょうか?
ニキビの原因とお手入れは?
意外と知られていない生活習慣・食生活と肌トラブル
セルフケアやマスク選びだけでは治らない時は
まとめ

 

感染症対策でマスクをつけることが日常的になった今、肌トラブルに悩む方が増えてきているという声を多く聞きます。今日は、そんな肌トラブルやニキビのメカニズム、マスクとの関係からお手入れについてお話を伺いました。

皮膚科医 金城 里美(かねしろ さとみ)
国立大学薬学部卒業後、国立大学医学部卒業。医師、薬剤師。大学病院で初期研修後、皮膚科医としてこれまで一般病院、クリニックで臨床に従事。皮膚がよくなる喜びを患者様と共有することを甲斐にして日々診療にあたっている。

 

肌荒れにはどんなものが?

肌トラブルは肌のタイプによって異なり、大きくは以下の4つに分けられます。どのような肌を指すのか、それぞれの要因についてもみていきましょう。

  • 乾燥肌

肌が全体的にカサカサして、酷くなると痒みを伴うタイプが乾燥肌です。洗顔した後に、すぐに保湿をしないと突っ張ってしまうので、保湿がとても重要になります。要因としては、乾燥しやすい体質であることの他、肌自体がきめ細かく皮膚が薄い人は、乾燥肌になりやすいと言われています。また、ホルモンバランスの影響で、更年期を境に乾燥が酷くなることが多いです。

  • オイリー肌

  顔全体がテカテカして汗ばんでいたり、ニキビが多く出来る肌がオイリー肌です。乾燥肌と反対に、洗顔後も突っ張ることは少なく、汗ばんだようになります。オイリー肌になる一番の要因は、皮脂の過剰分泌です。日常生活の乱れなどでバランスが崩れると、男性ホルモンが増え、皮脂分泌が増えてくるので、生活習慣を整えることが大切です。

  • 混合肌

部分的に、乾燥肌とオイリー肌が混在している肌が混合肌です。おでこや鼻はテカテカとしていても、頬の部分や口の周りが乾燥してカサついているという肌です。元々の肌質と、食生活・生活習慣の乱れが要因と考えられます。

  • 普通肌

トラブルが起きにくく、落ち着いた肌の状態が普通肌です。この肌の方は、4つのタイプの中で最も落ち着いている肌といえます。

 

マスクをすると肌荒れやニキビは増すのでしょうか?

マスクによる肌荒れが増えていると言われていますが、実際に皮膚科に来る患者さんは多くなっています。特にニキビで来院する方の割合が増えているのが現状です。そこでマスクをすることで肌荒れになる原因をお話したいと思います。マスクをすることによる肌荒れの要因としては、1.マスクによる擦れ(ずっと摩擦がある状態)2.蒸れ(温度と湿度が高くなる)3.汚れ(雑菌の繁殖)が挙げられます。その他、マスクを取ったあとの急激な環境変化もトラブルの元になります。マスクを外すことができないこの時期、以下のことでトラブルを軽減してほしいと思います。

<マスクの素材・大きさ選び>

一口にマスクと言っても、様々な素材のものがあります。肌トラブルが気になる場合は、綿やシルクなど、刺激の少ない素材のマスクを選んでみましょう。マスクが擦れると、その部分の角質が厚くなり、ニキビが出来やすくなります。この素材をつけると痒くなるなど、自身の肌と合わないものを外していくことで、肌トラブルを軽減することができます。また、サイズも自身の顔に合ったものを選んでください。サイズが合わないと、話す度にずれて擦れる要因になります。そして蒸れや汚れを防止するために、通気性の良い素材のものや、立体マスクなども効果的です。

<マスクを装着時の対策>

マスクをしていると、どうしても呼気で蒸れが生じます。マスク内の汗はこまめにふき取り、清潔に保ちましょう。装着する際も、刺激を抑えるためにそっと付け擦れないように気をつけてみてください。

 

ニキビの原因とお手入れは?

素材や付け方に気を付けていても、どうしても出来てしまうニキビ。ニキビができてしまうメカニズムとお手入れ方法についてお話します。

ニキビは、以下3つが主な原因です。

  1. 皮脂の過剰分泌 
  2. 毛穴の角質が厚くなる 
  3. アクネ菌増加

皮脂分泌が増え、そこにアクネ菌が増殖したり、刺激で角質肥厚が起きることで毛穴が閉じて、ニキビのできやすい肌環境になることで増えてしまいます。マスクは、その要因が全て揃ってしまう状況といえます。少しでも早く治したいと願うニキビ。マスク選び以外で日頃できるセルフケアを見ていきましょう。

  • ニキビは触らない・つぶさない!

気になって触ってしまったり、潰してなくしてしまいたいと思ってもストップ。触ることで雑菌が増えたり、つぶして跡になることがあります。気になっても触らないようにしましょう。

  • 洗顔は摩擦が起きないようやさしく

洗顔時、綺麗に洗いたくてゴシゴシこすってしまいがちですが、刺激はニキビの大敵。

刺激の少ない洗顔料で泡をたっぷり作りクッションのようにしてやさしく洗いましょう。洗顔時に擦ってしまうと、ニキビだけでなく色素沈着や肝斑を引き起こす原因にもなります。

  • 低刺激なスキンケア

保湿が大事な大人ニキビ。基礎化粧品選びも低刺激&保湿力の高いものがお奨めです。基礎化粧品は「ノンコメドジェニックテスト済」と書かれたものを使うといいでしょう。様々な成分が入っているものは、それだけアレルギーを獲得しやすくなるので、出来るだけシンプルなものをお奨めします。また化粧水をつける時は、擦ったり叩いたりして刺激を与えないように、手で包み込み軽く抑えるようにつけてください。

 

意外と知られていない生活習慣・食生活と肌トラブル

つい、基礎化粧品や薬、マスクなど肌につけるものに目が行きがちですが、毎日の食事や生活習慣は、身体の内側からニキビや肌荒れに影響します。特にニキビが出来やすい時は、バランスの良い食事と充分な睡眠を心がけてください。肌作りの土台となるたんぱく質を始め、肌の代謝を助けるビタミンC、血行を促進するビタミンE、皮脂分泌をコントロールするビタミンBなどを積極的に摂ってください。そして、活発な細胞分裂のために、質の良い充分な睡眠も欠かせません。決まった時間に就寝できるよう生活習慣を見直し、健康のためにも、肌のためにも深い眠りにつける工夫をしましょう。

 

セルフケアやマスク選びだけでは治らない時は

スキンケアに気を付け、生活習慣や食生活も整えても、なかなか治らない場合や、痒みが酷くなった場合は、皮膚科を受診するようにしましょう。肌荒れやニキビで受診するなんて・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、セルフケアでも改善しないニキビは、痕ができたり、クレーターになってしまう場合もあります。皮脂結合湿疹や酷い痒みなどは、放置せずに、すぐに病院へ行くようにしましょう。

最近の皮膚科治療は、『ピーリング的塗り薬』を使うことが多くなっています。これは硬くなった角質を削り、中のつまりを取る薬です。以前は、抗菌薬を使うことが主流でしたが、抗菌薬は使っているうちに、耐性菌(薬が効かない菌)が出てきてしまうので、最近はピーリング的塗り薬を使い、以前より治りやすくなっていますので、早めの受診がいいでしょう。

 

まとめ

肌は健康のバロメーターと言われています。肌が荒れてきたり、ニキビが出来やすい時は、身体からのサインだと思い、生活習慣や食生活の乱れを見直し、セルフケアを心がけてください。きっと綺麗な肌も健康も取り戻せるでしょう。肌荒れ・ニキビが出来やすいマスク生活も、肌と健康を護りながら、上手に付き合っていってほしいと思います。

    コメントを書くにはが必要です。

    カテゴリー

    タグ